Upcoming Events !!

Upcoming Events

Coming soon!!

2013年6月16日

ご相談を受けました「フリーランスになりたいのですが…」 その2

前回からの続き…

また、フリーランスとして働くことに興味を持たれて通訳を志しておられると言うことですが、数あるフリーランスの職業のなかでなぜ通訳を選ばれるのかを考えて見られることも必要じゃないでしょうか?

フリーランスを目指すにあたって…ということで、メッセージを頂いたわけですが、私は「フリーランスを目指して」フリーランスになったのではありません。勤めていた会社からお暇を出されたために、はからずもフリーランスになった…という言ってみれば情けない経緯です。

ですが「通訳の仕事をどうしても辞めたくなかった。通訳することが好きで、楽しくて仕方がなかった。」から何とかして続けられる道を模索していたらそれがフリーランスという形だったということです。

単に仕事を生活の糧と割切るのではなく「とてもやりがいがあり楽しく感じる」ことが、鈴木さんにとって重要な事であるなら、自分がなぜ通訳になりたいのかをじっくり考えてみられたらどうでしょうか?考えるだけでは分かりにくいと思うので、ボランティアスタッフなどで簡単な英会話を伴う仕事を余暇に引受けてみるとか…。それだけでも随分雰囲気がつかめると思います。

それに、フリーランス通訳への典型的な道のりの途中には「インハウス通訳」がつきものです。あくまで「典型的な」ですが、ここで獲得できる知識や学習できる技術には代え難いものがあります。

勉強の道のりは長いと思います。もし「フリーランス通訳」を目指されるのであれば、あまり今の段階から「フリーランス」を意識しなくても、そこを目指すキャリアパスのなかから自ずと「フリーランス通訳」が自分の目指すべき道かどうかは見えてくると思いますよ。

勉強、頑張って下さい!
返信を差し上げた後、すぐに丁寧にお礼のメッセージを頂きました。前向きに今の会社で頑張りながら、好きな英語の勉強をコツコツ続けて行き、その中で「フリーランス」「通訳の仕事」についてじっくり考えていかれる決意をされたようです。

他の若い皆さん、フリーランスを考えておられる皆さんのご参考になれば幸いです。