2018年1月1日

2018年 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

ブログを更新しようしよう…と思っている間にすっかり年が明けてしまいました。一昨年から乗り切るのに力の要るプライベートのイベントが満載で、しかもここ数年やはり景気が持ち直しているのか年末にむけて仕事のペースは過密を極め、体調面、精神面とも健全にキープするのがなかなか難しい状況でした。
ですが、お陰様で健康に年明けを迎えることができました。今年は訳あってお正月を家族と東京でゆっくり過ごしていますが、程なく納期を迎える翻訳も抱えており、通訳でも一月後半にハードな状況が予想されているまずまずな滑り出しです。増上寺での初詣で引いたおみくじは小吉(Quite good)…「いまひとつ」と言ったところですが、今年は少し腰を落ち着けて自分のペースを大切にしていきたいと思っています。

そんな中、新年早々に昨年受けていたインタビューのWEB公開のご連絡を頂きました。インタビュアーはアップル製品の広島弁吹き替えで有名なあの北臺如法さんで、彼が主催する「わしポ」というポッドキャストで公開されています。IT分野を専門の一つとする私が通訳の立場から非常にダラダラと三時間近くおしゃべりしています(笑)お耳汚しですが、暇つぶしにでもどうぞ!

ということで本年もどうぞよろしくお願いします。

8: An interpreter has seen them (mikarin)

みかりんさんをゲストに迎えて、通訳者のお仕事、IT業界、SIer、アジャイル、DevOps、機械翻訳、「好きなことと仕事」などについて話しました。


ピースリンク通訳事務所
代表 宮原 美佳子

通訳業界の動向ー今後のカンファレンス形態

 コロナ禍に明け暮れた2020年の通訳業界だったと思います。私自身も大きく影響を受けました。業界的にはどうだったのでしょうか?SNSでの個人の発言は断片的で、個別の「仕事が戻ってきてる」「もう完全に回復した」という言葉をそのまま鵜呑みにするのは違うと思いつつも、全体的な動向を俯瞰...