2012年6月25日

海外で便利なカード

不精者の私は、普段殆ど現金を持ち歩いていません。大抵の買い物はカードで済ませてしまいます。一括払いにしてしまえば金利もかからないし、後から金額確認するにも便利だからです。それ以外のお金の移動は全てインターネットバンキング。国内で生活するにはこれで完璧でした。ところが…

昨年は海外出張が異常に多い年でした。そこで発生した大失敗。広島空港発の朝早いフライトに間に合わせるべく、家を6時前に出て空港に向かいました。中国への出張でした。空港への移動中、現金を持ち合わせておらず空港で引き出すしかないことに気付きます。ところが、空港に着いてみるとATM機が稼働開始するのは8:30。フライトは9時過ぎでしたので、ATMが空くのを待っていたのでは間にあいません。

この時は、別空港から遅い時間に出発するペア通訳さんに電話をして、現地でいくらか現金を貸してもらえるようにお願いして事なきを得ました。しかし、流石にあまりご一緒したことがないお相手だと、連絡先を知らされてないこともたまに有るわけで、第一親しくない方にお金を貸して欲しいというのはとても頼みにくいことです。

そこで、セゾン系の海外専用プリペイドカード「NEO MONEY」を契約しました。このカードについて一口に説明すると…日本国内でカードに最大100万円までチャージ可能。海外で引き出すときには現地通貨で基準日時点での為替レートで引き出すことができるというものです。私のカードはVisaとの提携なので、VisaカードのATMがあればどこでも引出しOK。しかも、お買い物するお店がVisaと提携している場合には、デビッドカードとしてリアルタイムでチャージ分からの引き落としも可能です。


今年に入って海外出張はぱったり無くなったので、契約したものの放置状態でしたが、4月後半から立て続けに海外の仕事が入ったので使ってみたところ、やっぱりとてもラクでした。出張先は中東、中国、アメリカで、ATMへのアクセシビリティについて、アメリカは心配していなかったものの、中東も、中国も全くといっていいほど問題ありませんでした。






















中国:
コンビニ内に
設置されていた
ATM
このカードのメリットは以下の通り。

-換金のための現金を持っていなくてもいい
-銀行・ホテル等の換金を扱っているところでなくとも現地通貨を手にできる
-チャージ確認、利用確認メールを届き、チャージ金額、引き出した金額、カード残高が確認できる(防犯にも一役)
-1回・1日の引出し限度額15万円で、盗難紛失の際は連絡時点での残額保証

NEO MONEYのサイトを確認してみたところ、為替手数料を差し引いても通常換金とくらべてアジア圏だと軒並みお手頃になっているようです。チャージは近くのコンビニATMで簡単にできます(但し、チャージ可能時間帯が決っているので注意)。

ある程度の金額を入れておけば、出張の度にチャージする必要も有りませんし、何より海外で現金が引き出したいときに手軽にVisaのATMから引き出せるというのは、気分的にも随分とラクでした。

海外へ出かけることの多い同業者やビジネスマンにはお勧めです。