Upcoming Events !!

Upcoming Events

Coming soon!!

2015年3月31日

The JapanTimes のインタビューを受けました。

先日、The Japan Timesさんのインタビューを受けました。記者の方がWord Lens と Google Translate から見える翻訳/通訳者の近未来 という2011年のこのブログ記事を読んで下さってコンタクト下さいました。

インタビュ―トピックは「「多言語音声翻訳システム」に関して、アプリなどを用いた自動翻訳・通訳において、今後技術が進歩する中どのような事ができるようになるかを、通訳の視点で聞きたい、というものでした。

MACHINE TRANSLATION
Translation tech gets Olympic push
'All-Japan' effort creating apps to instantly bridge language barrier
BY SHUSUKE MURAI

結論からいうと、会議通訳について言えば特に「サービスを受ける側が通訳者/通訳機械に対してどれほどの信頼感が持てるか?」と私自身は考えているということをお話しました。

機械翻訳・通訳の話をする時にはその精度の良さ、訳文の素晴らしさ、ばかりが取り上げられます。しかし、注目すべきはそればかりではない…と常々考えていました。

日本語のように文脈依存の強い言語では、その場の文脈を組んだ通訳が求められます。精度の良い訳文を機械が出せるようになるには、まだまだ時間がかかりますが、その場の文脈を汲める…となると、さらに先の話になるでしょう。

また、精度の面だけで考えてみても、比較的進化は早いかもしれませんが、それでもお客様が訳出に疑問を持ってしまうような場面が多少なりともあれば、その通訳機械に対する信用度は一気に失墜してしまい、配慮の必要な折衝や会談の類にはとても利用することができないはずなのです。

見逃してはならないのは、これは人間通訳者でも同じということ。残念ながら人間通訳はミスをすることもありますが、その場で学び真摯に修正してよりよいパフォーマンスをすることもできます。そうした現場の態度や、その結果としてのパフォーマンスに対して利用者がどのレベルの信頼感を持てるか…。これは見逃してはならない要素でしょう。

非常に基本的な事では、会議に入る前の立ち居振る舞い、受け答えがしっかりとしていること、同じチームの一員として安心して組める相手か?…機械には求めることすらできないことです。

2011年の記事の締めに書いている内容は、今もそういう意味で変わっていないと感じます。
これからはその時代のレベルの機械にできる以上のことが出来てはじめて、私たちは翻訳者通訳者として価値ある存在になるということを肝に銘じておくべきでしょう。翻訳者も通訳も時代が進むほどに、より高いプロフェッショナリズムが求められるのは間違いなさそうです。

2015年3月17日

ノリノリ手話通訳者に見るプロ根性

スウェーデンのノリノリの手話通訳者の話題。説明するより見たほうが早いと思うので、まずはどうぞ!



この手話通訳者、ただ楽しんでいるようにみえるかもしれないけど、これだけビートに乗せて身体を動かし表情を作りながらのパフォーマンスには、ものすごい練習があったことを想像させます。もちろん彼、きっとこの曲や音楽一般が大好きなのだとは思います。それでもこうやって歌い手に代わって楽しみ表現する様子は、オーディエンス(ろう者だけでなくこの放送を見る人全て!)にとってはオリジナルを表現するにあまりあるエンターテインメント。

通訳者はオリジナルスピーカーの影じゃなきゃダメ…というのは、有声言語通訳では言われることですが、手話通訳者に求められる要件には身体を使って表現するというのは必須のようなので、これはこれで素晴らしいと思います。

見ている、聞いている人にオリジナルを聞いたのと同じだけの感動を届ける、そのために何度も練習を重ねて素晴らしいパフォーマンスに仕上げていくその姿勢はぜひ見習いたいものです。あー日々、楽しんで努力だ!